前へ
次へ

飼育前にペット葬儀の話し合い

『ペットが欲しい』そうした駄々をこねるお子さんもいるでしょうし、『ちゃんとお世話をしてね』という親もいるでしょう。ペットにとって頼りになるのは家族で、その家族が頼りになるなら飼育もいいでしょう。ペットの生命力がある間は、たくさんの楽しさ、面白さを一緒に作っていきましょう。しかし、飼育する前には『生と死』について教えておきましょう。また、親もペット葬儀がある事実を知っておきましょう。子犬や子猫を譲り受けたり、ペットショップで購入してくるだけではなく、拾ってくることもあるでしょう。動物は、デリケートな生き物ですし、老犬や老猫ならばいずれ、ペット葬を執り行うことになるでしょう。その時期が早まる可能性も否定できません。そうなれば、おすすめは樹木葬です。花に生まれ変わる、桜の木の下で眠りにつく、動物だからできる葬儀(埋葬)でもあります。推定というペットの年齢、そのために生前から家族で話し合っておきましょう。

Page Top