前へ
次へ

ペット葬をする時に意識したい服装とは

ペット葬は愛犬や可愛がっていた猫等が亡くなってしまった時に、人間と同様に供養をする為に行いますが、ペットを火葬したりする時に何を持っていくべきなのかや、服装等に悩んでしまうケースがあります。人間の葬式の時は黒い喪服等で、参列する事が基本になりますが、犬や猫等の動物であっても黒が基調の服装にした方が安心です。しかしペット葬の場合は、一般的な喪服を着る様な習慣はまだ定着していないので、私服でも問題はありません。仕事等で忙しい方の場合は、そのまま仕事の服装で参加しても問題は無いですから、そこまでかしこまった服装にする必要は無いです。服装は普段着でも大丈夫ですが、ハンカチや数珠等はしっかり通常の人間の葬式の時と同様に持参をした方がいいです。また遺影に使用する際にペットの写真等が使用できるケースもあるので、遺影として写真を立てかけたい場合は、ペットの写真も持参すると便利です。花を供える事ができる所もあるので、仮に花を供えられる場合は、花を持参する事で、ペットを安らかに供養する事ができます。

Page Top